■ブランド設立の経緯


■カンボジアを最終生産拠点に決めたきっかけ・理由

代表兼デザイナーが、前職の経験から、日本ではできない、素材に一からこだわった唯一無二のものづくりをしていきたいという想いから、素材原産地の多い東南アジアで、素材の供給元と織元を探すところから、当ブランドへの道が始まりました。

 

しかし、2011年4月の独立当初、そこに全くツテはありませんでした。さらに、インターネットに依るサプライヤー情報も信憑性が低いものが多かったので、これまで自身が経験してきた知識と技術を頼りに、先ずは約半年掛け、自身の目で、色々な国の生産現場を見ていこうと思い、東南アジア諸国を駆け巡りました。

 

中国、インド、ベトナム、タイ、ミャンマー、ネパール、バングラデシュ、ラオス等、各国に住む現地の人々からの生の情報を頼りに、様々な地域へ調査に出向きました。

 

当時より、温暖化が進む地球環境の変化と、需要と供給における関係から、日常生活の中で化学繊維の需要が主流になりつつありましたが、アジアには未だ自然に恵まれた天然繊維の産地が実際に多く存在していました。

 

最終的に素材となる天然繊維はインドが豊富で、各繊維の産地も身近にあったり、縫製業も多くありました。中国でも良質な素材を扱うサプライヤーと出会うこともできましたが、各繊維の産地までの距離が広大すぎてなかなか移動も大変でした。

 

そこで当初は、縫製もすべて、インドを最終生産拠点として始めることを模索していたのですが、総合的判断で、縫製に関しては他国で行うことを再考することにしました。 

その後、2012年1月、ふと旅の道中に行き着いたのがカンボジアでした。

 

カンボジアは、まだまだ発展途上の国ではありますが、縫製業と手織産業の高いポテンシャルがありました。さらに日本人の感性とも近いホスピタリティ溢れる国民性と、ものづくりと真摯に向き合う人々がおり、カンボジアでのビジネスに協業可能性を感じました。

 

そこで、カンボジアの人々をパートナーとして、日本の縫製技術及び品質管理と、カンボジア職人の腕を組み合わせ、カンボジアで最終縫製を行うことに決めました。

 

過去からの確かな技術を受け継ぐカンボジアの伝統工芸は、今尚とても素晴らしいので、私はこのレガシーを守りながらも、時代に寄り添う形で、彼らと進化を目指せたらと考えました。

 

但し、カンボジアには1970年代後半のポルポトの内戦による影響で、あらゆる産業は一度破壊され、現在も尚、繊維産業はほとんどない為、素材供給は万全とは⾔い難く、カンボジア国内での素材集めには苦労しました。内戦後にわずかに生き残った養蚕業が伝統産業として続いていたので、先ずはシルク糸を取り扱おうと思いました。

 

カンボジアで養蚕を行う各州の現場を回り、その生産方法を見学させていただきました。カンボジア北部のバンテミンチェイ州、南部のタケオ州、東部のモンドルキリ州のいくつかの地域では、品種改良の行われていない自然の蚕を、桑の葉を餌に育て、蚕が成長した繭から⽷を紡いでいました。それがまた美しい色の⽷で、丈夫な品質に魅了されました。

 

現在は、カンボジア原産のシルク糸の取り扱いに関しては、タケオ州の養蚕農家からのものを使用しております。しかし、当時よりその希少さから、素材調達をすべてカンボジアで行うには限界があることは感じていました。

 

質の⾼い商品を⽣み出すためには、やはり素材となる天然繊維を広く周辺諸国から厳選し、カンボジアへ輸入して⽣産する必要があると感じました。 

そして、2012年4月、次の仕事として、安定供給の素材探しを、再度周辺諸国で行うことを始めました。前述のように、主にインド国内の糸の供給元や織元へ再訪しました。

 

インドで⾒つけたとある仕⼊れ先は、インド北東部の⼭奥にあり、タクシーで⾏ったのですが、運転⼿にこんな⼭奥に何があるのか、と不安がられたこともあります。当時より、取り扱う素材の生産現場を自身の⽬で確かめるために、あらゆる場所へ訪問してきました。海外では、注意喚起の事前情報に気をつけていたとしても、ときに、危ない目にも何度かありました。しかし、そのリスクを取ったとしても、自身で納得する素材と出会うまでは、前に進む以外はありませんでした。

 

その後、自身の⽬で選んだ確かな素材のみを厳選していきました。そこから、糸から生地に仕立て上がるところまでも確認し、少しずつ取引を開始させ、今日まで各素材 (主にシルク、コットン、リネン) のサプライヤーネットワークを構築してきました。現在、糸や生地は主にインドからカンボジアに仕入れており、糸のみを仕入れる場合は、カンボジアで手織りをして生地を仕上げております。(※インド以外の国から素材を仕入れる場合もあります)

 

素材仕入れを確立させた後に、2012年8月、再びカンボジアへ戻り、我々は縫製スタッフの技術を十分発揮できる工房環境を、カンボジアのプノンペンに構え、少しずつ縫製設備を形作ってきました。新しいスタッフとともに、先ずはものづくりに掛ける想いを共有し、製品の試作を徐々に開始しました。安定品質のトレーニング、パターン効率の実践等積極的に進め、日本品質の製品をお届けできるよう、日々改善も行ってきました。さらに、スタッフが創造性ある商品を作り、提案するための能⼒にも注力してきました。

 

また、染色・手織による生産では、カンボジア現地の人々との協力に依り、少しずつ生産ラインを実現させてきました。糸や生地の染色では、カンボジアの植物から採れる自然原料を収集し (地元団体や農家に協力依頼)、天然繊維を活かす伝統的な自然製法で染め上げることができました。糸から生地にする工程では、手織職人達の熟練した手織技術を元に、生地を仕立て上げ、こだわりのある天然素材100%の布を完成させることができました。

 

その後、2012年10月、LinneOrganics - リンネ・オーガニクスを設立するに至りました。

 

設立後、しばらくは、異国の地ならではの様々な壁に当たることが多々あり、日本での常識はもはや通じないことも経験し、厳しい現実と試行錯誤の繰り返しでしたが、その都度なんとか乗り越え、当ブランドに託したコンセプトも大事に守りながら、持続、進展させていきました。

 

この地では、モノを企画・販売して利益を生み出す、という資本主義の経済活動がベースにありながらも、決してそこを最終目標にしているのではありません。まずは雇用に始まり、職人の手から手を通じた技術継承、円滑なチームづくり、一人一人の能力が最大限発揮できる最適な職場環境の整備をしながら、グローバルな市場で闘うための製品開発を、一歩ずつ行っております。

 

職人や生産者人口の減少が進む日本において、このようなアジア諸国との強い連携や協業を進めながら、日本人らしい固有の感性やデザイン・技術を活かし、未来を見据えて共に成長できる関係が今後、切に望まれているように、この地カンボジアで活動しながら身を持って深く感じる日々を過ごしています。

 

我々は消費者は勿論、生産者、スタッフにも、心から喜んでもらえるようなものづくりに引き続き取り組んでいきたいと思います。 


【参考】 2016年 毎日新聞経済面にて (下記リンクのPDFを引用)

 https://mainichi.jp/premier/business/articles/20160812/biz/00m/010/020000c